Saturday, November 15, 2008

Python Imaging Libraryを使用して画像を円形に切り取る

Python Imaging Libraryを使用して画像を円形に切り取るには、以下のコードを実行します。

# coding=UTF-8
import Image
import ImageDraw

# 画像を円形に切り取る
img1 = Image.open("sf.jpg")
img2 = Image.new("RGB", img1.size, (0xbb, 0xdd, 0xff))
mask = Image.new("1", img1.size, 1)
draw = ImageDraw.Draw(mask)
draw.ellipse((0,0,img1.size[0]-1,img1.size[1]-1), fill=0)
del draw
img3 = Image.composite(img2, img1, mask);

img3.save("sample634a.jpg")

元画像(sf.jpg)


出力画像(sample634a.jpg)


関連項目
Python Imaging Libraryまとめ
Python Imaging Libraryで円を描画する

Friday, November 14, 2008

ImageMagickとPHPで、ビルトインパターンを描画する

ImagickでImageMagickのビルトインパターンを描画するには、以下のコードを実行します。

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" lang="ja" xml:lang="ja" dir="ltr">
<head>
<title>sample665(ImageMagick6.4.2)</title>
</head>
<body>
<?php
/* ImageMagickビルトインパターンから画像を生成する */
$im = new Imagick();
$im->newPseudoImage(200, 200, "pattern:VERTICALSAW");
$im->writeImage('sample665a.png');

$im->destroy();
?>
<img src="sample665a.png" />

</body>
</html>

出力画像(sample665a.png)


関連項目
http://www.imagemagick.org/www/formats.html
このページのBuilt-in Patternsを参照。

Python Imaging Libraryを使用して日本語文字列を描画する

Python Imaging Libraryを使用して日本語文字列を描画するには、以下のコードを実行します。

# coding=UTF-8
import Image
import ImageDraw
import ImageFont

# 文字列を描画する
img1 = Image.new("RGB", (150,50), (0xff, 0xff, 0xff))
draw = ImageDraw.Draw(img1)
# フォントのパスは環境によって変えてね
font = ImageFont.truetype("C:\WINNT\Fonts\msmincho.ttc", 25, encoding="unic")
draw.text((10, 10), u'ABC日本語', font=font, fill=(0x00, 0x00, 0x00))

img1.save("sample633a.jpg")

出力画像(sample633a.jpg)


関連情報
Python Imaging Libraryまとめ

Thursday, November 13, 2008

librsvgを使用して画像をタイル配置する

librsvgを使用して画像をタイル配置するには、以下のsvgファイルを処理します。

tile.svg


<?xml version="1.0"?>
<!DOCTYPE svg PUBLIC "-//W3C//DTD SVG 1.1//EN"
"http://www.w3.org/Graphics/SVG/1.1/DTD/svg11.dtd">
<svg xmlns="http://www.w3.org/2000/svg" version="1.1"
xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink"
width="200" height="200">

<defs>
<filter id="tf" >
<feImage xlink:href="flower1.png" width="20" height="20" />
<feTile />
</filter>
</defs>

<rect x="0" y="0" width="200" height="200" filter="url(#tf)"/>
</svg>

コマンド
rsvg-convert tile.svg -f png -o sample693.png

元画像(flower1.png)

出力画像(sample693.png)


関連項目
librsvgをwindowsで使用してSVGからPNG画像を生成する (librsvgをWindowsで使用する方法)

Python Imaging Libraryでポリゴンを描画する

Python Imaging Libraryでポリゴンを描画するには、以下のコードを実行します。

# coding=UTF-8
import Image
import ImageDraw
# ポリゴンを描画する
img1 = Image.new("RGB", (100,100), (0xff, 0xff, 0xff))
draw = ImageDraw.Draw(img1)
draw.polygon((10,10)+(10,89)+(89,10), outline=(0x00, 0x00, 0x00), fill=(0xbb, 0xdd, 0xff))
del draw
img1.save("sample632a.jpg")

出力画像(sanple632a.jpg)


関連情報
Python Imaging Libraryまとめ

Wednesday, November 12, 2008

Python Imaging Libraryで四角を描画する

Python Imaging Libraryで四角を描画するには、以下のコードを実行します。

# coding=UTF-8
import Image
import ImageDraw
# 四角を描画する
img1 = Image.new("RGB", (100,100), (0xff, 0xff, 0xff))
draw = ImageDraw.Draw(img1)
draw.rectangle((10,10,89,89), outline=(0x00, 0x00, 0x00), fill=(0xbb, 0xdd, 0xff))
del draw
img1.save("sample631a.jpg")

出力画像(sample631a.jpg)


関連情報
Python Imaging Libraryまとめ

Tuesday, November 11, 2008

librsvgを使用してdisplacementマップを使用する

librsvgを使用してdisplacementマップを使用するには、以下のsvgファイルを処理します。

displacement.svg


<?xml version="1.0"?>
<!DOCTYPE svg PUBLIC "-//W3C//DTD SVG 1.1//EN"
"http://www.w3.org/Graphics/SVG/1.1/DTD/svg11.dtd">
<svg xmlns="http://www.w3.org/2000/svg" version="1.1"
xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink"
width="200" height="200">

<defs>
<g id="mydef1">
<rect x="0" y="0" width="200" height="200" fill="#808080" />
</g>
<g id="mydef2">
<text x="20" y="100" font-family="Arial" font-size="120"
fill="#ffffff">SF
</text>
</g>
<filter id="dmf">
<feImage xlink:href="#mydef1" result="mydef1"/>
<feImage xlink:href="#mydef2" result="mydef2"/>
<feGaussianBlur in="mydef2" stdDeviation="2" result="t1" />
<feComposite in="t1" in2="mydef1" operator="over" result="t2"/>
<feDisplacementMap scale="100" xChannelSelector="R"
yChannelSelector="R" in="SourceGraphic" in2="t2"/>
</filter>
</defs>

<image x="0" y="0" width="200px" height="200px"
xlink:href="sf.jpg" filter="url(#dmf)">
<title>sf.jpg</title>
</image>
</svg>

コマンド
rsvg-convert displacement.svg -f png -o sample692.png

元画像(sf.jpg)






出力画像(sample692.png)



関連項目
librsvgをwindowsで使用してSVGからPNG画像を生成する (librsvgをWindowsで使用する方法)

Python Imaging Libraryで円を描画する

Python Imaging Libraryで円を描画するには、以下のコードを実行します。

# coding=UTF-8
import Image
import ImageDraw
# 円を描画する
img1 = Image.new("RGB", (100,100), (0xff, 0xff, 0xff))
draw = ImageDraw.Draw(img1)
draw.ellipse((0,0,99,99), outline=(0x00, 0x00, 0x00), fill=(0xbb, 0xdd, 0xff))
del draw
img1.save("sample630a.jpg")

出力画像(sample630a.jpg)


関連項目
Python Imaging Libraryまとめ
Python Imaging Libraryを使用して画像を円形に切り取る

Monday, November 10, 2008

ImageMagickとPHPで垂直に傾けた文字列を画像の上に描画する

ImageMagickとPHPで垂直に傾けた文字列を画像の上に描画するには、以下のコードを実行します。


<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" lang="ja" xml:lang="ja" dir="ltr">
<head>
<title>sample664(ImageMagick6.4.2)</title>
</head>
<body>
<?php
/* 画像に文字を垂直に傾けて描画する */
$im = new Imagick('sf.jpg');
$idraw = new ImagickDraw();
/* 塗りつぶし色設定 */
$idraw->setFillColor('#00000080');
$idraw->rectangle(0,0,20,$im->getImageHeight());
$im->drawImage($idraw);
/* フォント設定 */
$idraw->setFont('Tahoma');
/* フォントサイズ設定 */
$idraw->setFontSize(14);
/* 塗りつぶし色設定 */
$idraw->setFillColor('white');
/* gravity設定 */
$idraw->setGravity(Imagick::GRAVITY_SOUTHWEST);
$idraw->setStrokeAntialias(false);
$im->annotateImage($idraw, 14, 0, -90, "San Francisco");

$im->writeImage('sample664a.png');

$idraw->destroy();
$im->destroy();
?>
<img src="sample664a.png" />

</body>
</html>

元画像(sf.jpg)





出力画像(sample664a.png)




関連項目
ImageMagickとPHPで、画像に日本語の文字列を描画する
ImageMagickとPHPで、画像からはみ出した影付き文字列を描画する
ImageMagickとPHPで画像上に描画した文字列以外の部分をグレースケールにする

Python Imaging Libraryで直線を描画する

Python Imaging Libraryで直線を描画するには、以下のコードを実行します。

# coding=UTF-8
import Image
import ImageDraw
# 線を引く
img1 = Image.new("RGB", (100,100), (0xff, 0xff, 0xff))
draw = ImageDraw.Draw(img1)
draw.line((0,100)+(100,0), fill=(0xbb, 0xdd, 0xff), width=2)
del draw
img1.save("sample629a.jpg")

出力画像(sample629a.jpg)


関連情報
Python Imaging Libraryまとめ

Sunday, November 09, 2008

Python Imaging Libraryを使用して画像を暗くする

Python Imaging Libraryを使用して画像を暗くするには、以下のコードを実行します。

# coding=UTF-8
import Image
# 画像を暗くする
img1 = Image.open("sf.jpg")
img2 = Image.new("RGB", img1.size, (0x00, 0x00, 0x00))
img3 = Image.blend(img1, img2, 0.5)
img3.save("sample628a.jpg")

元画像(sf.jpg)


出力画像(sample628a.jpg)


関連情報
Python Imaging Libraryまとめ